付き合い

個人事業主とは、法人でない事業を自ら営む者のことで、自営業主とも呼ばれます。
具体的には、個人事業商店主・工場主・開業医・弁護士・著述業などがあります。

 

私も生家が自営業であり、その後会社員(営業職)として多くの個人事業主に接して来ました。
また個人事業の多くは家族経営で、販売や営業、経理や総務なども自分で行わなければなりません。

 

これらは覚悟の上なのですが、「お付き合い」は予想以上のことと思います。

 

町内会や商店街の役員・青年会議所での活動・同業組合や協会への参加・地元消防団・清掃・神事・PTA・婦人会など「地域貢献」とも呼ばれますが、これには困りました。

 

自分の本来の仕事がおろそかになり、奉仕的な活動があまりにも多いのです。
企業の営業担当者が連絡をしても、事業主はいないことが多いのではないでしょうか?

 

個人事業主は本業以外の「お付き合い」がかなり多いので、事実上奥様がお店を切り盛りしております。

 

しかしこういった「お付き合い」は、出来るだけ参加した方が良いと思います。
地域に根差した活動をすると、こういった苦労をわかってくれます。

 

そして苦労を共にした皆さんは、多くの助言や情報を与えてくれます。人情のようなものを感じ、家族への感謝も湧いてきます。
会社員とは違い思っても見なかった経験をしますが、後にかけがえのない人生経験となります。是非頑張ってください。