総量規制について

消費者金融から個人でお金を借りようとするとき、よく総量規制という言葉を聞きます。一体総量規制とは何でしょうか?

 

2010年、貸金法が大きく変わりました。それまでは法外な金利で貸付を行っていた消費者金がたくさんありましたがこの見直しにより、債権回収が難しくなり、結果倒産となる企業が多かったのです。

 

そんな中、大手の会社はすばやく総量規制に対応したため現在も生き残っているのです。

 

では総量規制について簡単に触れておきましょう。総量規制とは、主に個人に当てはまるのですが、個人融資やクレジットカードでのキャッシングの合計融資額が、総収入額の3分の1を超えない範囲で貸付を行うというものです。

 

しかしこれはあくまで個人への融資のことなのです。個人事業主などが融資を受ける際は、この総量規制の対象に当てはまらないのです。

 

したがって、大口の融資も可能となっているのです。詳しくはホームページを見ればわかります。これが事業者ローンにも適用されるのです。したがって大口の融資も可能となっているのです。

 

これはカードローン会社にも同じ事が言えます。カードローンは銀行が直接貸付を行っている事業なので、総量規制には当てはまらないのです。

 

総量規制は、個人にはちょっと厳しいかなと思います。でも消費者金融、個人共に借り倒れや貸し倒れを防ぐにはこれが一番なのです。あなたもせっかく知ったのですから、こういうものがあるということを認識しておいてください。

関連ページ

事業者ローンに力を入れている
最近は、消費者金融やカードローン会社も事業者ローンに力を入れています。
申込み時にどのような書類が必要になるのか?
申込み時にどのような書類が必要になるのか紹介します。
契約までの流れについて
契約までの流れについてついて紹介します。
スピード審査で急ぎの時も安心
スピード審査なので急ぎで融資を受けたい時にも安心です。
借りすぎには注意しましょう
くれぐれも、借りすぎには注意しましょうね。