申込みの時に要る物

では消費者金融やカードローンで事業者ローンを利用する際にはどのような書類が必要となってくるのでしょうか?

 

基本的には銀行で借りる際にもって行くものと同じです。会社の決算書や源泉徴収などの収入がわかるもの、それに身分証明書(免許証などが良い)です。これを契約する際に提出します。

 

これらの書類は、できればあらかじめ用意しておき、一まとめにして大事なところに保管しておくのが良いかもしれませんね。そうすれば必要になったときにすぐにセットで取り出せますから。

 

また消費者金融によっては本人の収入証明を提出するように言われる場合があります。これは本人の前年度の総収入を記した大事なものです。役所で簡単に取得できますので用意しておくと良いでしょう。

 

このように、消費者金融やカードローンで融資を受けるサイト、銀行でローンを受けるときにはあまり変わらないのです。あらかじめ用意しておけば安心ですね。ただ、各書類には有効期限がついているものもありますので気をつけましょう。

 

特に住民票を本人確認書類として利用する場合は、有効期限は3ヶ月です。それ以降になるとその住民票は無効になってしまいますので再度取り直しとなりますので注意してください。

 

またたとえば現住所が免許証などと違っている場合は現住所を確認できる公共料金の明細などが必要になる場合も有ります。これも本人確認の際に重要な書類となりますので出来れば発行月の新しいものを用意しておくと良いでしょう。

 

事業者ローンでも本人確認書類は重要な要素なのですね。

関連ページ

事業者ローンに力を入れている
最近は、消費者金融やカードローン会社も事業者ローンに力を入れています。
総量規制とは?
総量規制について説明します。
契約までの流れについて
契約までの流れについてついて紹介します。
スピード審査で急ぎの時も安心
スピード審査なので急ぎで融資を受けたい時にも安心です。
借りすぎには注意しましょう
くれぐれも、借りすぎには注意しましょうね。