信用金庫の事業者ローン

事業者ローンを提供している金融機関の中で、信用金庫も最近増えてきています。信用金庫の場合、中小企業でも事業資金を融資してくれる可能性もありますのでいざという時のために頭に入れておくと良いでしょう。

 

事業者ローン=メガバンクではない

中小企業が資金繰りをするにあたって事業者ローンがあります。この事業者ローンですが、メガバンクのような大手銀行しか提供していないサービスだと思っている事業者も多いでしょう。

 

実際一昔前まではそうでした。事業者ローンですが担保は取らずに、事業者や会社の信用力だけで融資を行っていました。

 

このため、担保を付けたローンと比較すると、どうしても融資をする側にとって債権が焦げ付くリスクがありました。このため、経営体力のある大手銀行でないと融資のできない所がありました。

 

しかし最近の傾向を見てみると、信用金庫でも事業者ローンのサービスを提供している所も増えてきています。

 

信用金庫の中には、新商品として事業者ローンをつい先日運用を介したところもあります。

 

このような信用金庫の事業者ローンは、融資を受けやすい傾向があります。というのも新商品を販売し始めた信用金庫では、まず融資実績を作りたいと思うものです。

 

このため、昔から事業者ローンを提供している金融機関と比較してより多くの人が利用できるように審査のハードルを下げている所も結構あります。

 

また他のローン同様事業者ローンも融資するにあたって審査を実施しますが、販売開始から日が浅い信用金庫の事業者ローンの場合、審査のシステムがきちんと構築されていない、スタッフが運用にあたって不慣れな側面もあって、審査をクリアしやすいとされています。

 

実際口コミサイトを見てみると、大手銀行の事業者ローンの審査には落ちてしまったけれども、信用金庫の新規に展開している事業者ローンであれば、融資を受けることができたと言います。

 

スコアリングシステムを採用している大手銀行

大手銀行で事業者ローンの融資申し込みをしたけれども、審査クリアできなかったという人もいるでしょう。大手銀行は事業者ローンを販売してから、長い年月の経過している所も多いです。

 

大手銀行はそれまでの融資実績から、膨大なデータを持っています。そこで大手銀行では審査にあたって、スコアリングシステムを採用していることが多いです。

 

事業者や会社の属性ごとにスコアをつけて、合計スコアが金融機関の求める一定の点数をクリアしているかどうかで融資の判断をします。

 

決算書などの内容をコンピューターにインプットして、融資可能かどうかの審査をしています。

 

通常の事業者ローンの場合、個別に担当者をつけていない場合も大手銀行は多いです。

 

例えば事業者に個別の事情があっても、コンピューターによる審査の結果融資不可と判断されれば、交渉の余地のないことが多いです。審査はスピーディーにはなりますが、無機質的な審査になりがちです。

 

しかし信用金庫の事業者ローンの場合、通常の銀行融資のような感じで個別に融資担当者がついてくれるケースも多いです。

 

例えばスコアリングによる審査の結果、融資不可になってしまってもいろいろと相談や交渉に乗ってくれる場合もあります。

 

融資をどうしても受けたい事情を説明できれば、場合によっては信用金庫では特例で融資を受けられるチャンスもあるわけです。

 

地域密着型であれば融資のチャンスが

中小企業が金融機関から事業者ローンによる融資を受けることは、決して簡単なことではないです。

 

しかしもし会社が地域密着型でそれなりの歴史を持っているのであれば、信用金庫の事業者ローンによる融資は受けやすいかもしれません。

 

メガバンクや都市銀行の場合、取引をしている企業はかなり多いですし、大企業も少なくないです。ですから特に中小企業がそこに入り込んでいって、深い関係を構築するのはかなり難しいです。

 

しかし信用金庫を見てみると、地域に密着して中小企業に対しても決めの細かな対応をしている所が多いです。

 

特に信用金庫と常日頃から深いお付き合いを構築している企業であれば、融資についても融通を利かせてくれる可能性が高いです。

 

ただし資金繰りや経営状況が悪化してからいきなり融資をお願いしても、いい顔はしてくれないでしょう。

 

例えば地元の信用金庫をメインバンクにしておくとか、業績が比較的良い状態でもこまめに融資を受けることで信用金庫との間に信頼関係を構築することが可能です。

 

経営というのはいい時ばかりが続くものではないです。長く事業を続けていけば、業績の悪化などで経営が厳しくなることも往々にしてあります。

 

そのような時のために、比較的経営が安定している時でも金融機関とお付き合いをしておくことは大事です。経営者にとって名前の知られているメガバンクのような大手金融機関の方が融資を受ける場合に安心かもしれません。

 

しかし中小企業に対しては地元の信用金庫の方が優しく、いざという時に手を差し伸べてくれる可能性の高いことは頭に入れておいて損はないでしょう。

 

信用金庫の事業者ローンは主に3種類

信用金庫で展開している事業者ローンですが、主に3種類あります。

 

最初が一般融資と呼ばれるもので、事業者の求めに応じて貸し付けをするローンです。3種類の事業者ローンの中でも最もポピュラーでオーソドックスなスタイルになります。

 

借り入れのスタイルもいろいろとあって、短期的に借り入れることもできれば、長期的に自分のペースに合わせて無理なく返済することも可能です。

 

2つ目の融資の方法は、制度融資と呼ばれる方法です。制度融資とは、信用金庫と地方公共団体、信用保証協会が連携して融資を行う方法になります。制度融資は保証付き融資と呼ばれることもあります。

 

保証付き融資の場合、信用保証協会の保証をもらったうえで信用金庫は融資を実行します。もしも融資を受けた事業者が倒産するなどして貸し倒れの状態になった場合、信用保証協会が債務者に代わって弁済をしてくれます。

 

弁済ですが残債の全部が基本です。額によっては全額返済をしない場合もありますが、それでも大部分の弁済をする形になるでしょう。

 

このような制度融資ですが、一定の条件をクリアできていれば、活用することが可能です。

 

製造業の場合、資本金が3億円を超えていないか、従業員が300人以下といういずれかの条件を満たしていれば、制度融資を利用することが可能です。

 

以下同様で、卸売業は資本金1億円または従業員100人以下、小売業であれば資本金が5000万円以下か従業員50人以下、サービス業は資本金5000万円以下か従業員100人以下という条件になります。

 

医療法人の場合は資本金の規定はなく、従業員300人以下であれば融資を受けることができます。保証付き融資の場合、中小企業の中でも信用度の低い会社でも融資を受けられる可能性がありますのでチェックしておくと良いでしょう。

 

また融資期間も最大10年など、長期返済も念頭に置いた商品も少なくありません。借りやすいですが、信用保証協会に対して補償料を別途で支払わないといけない点も理解しておきましょう。

 

信用金庫の事業者ローンの融資条件も気になる所でしょう。細かな所は信用金庫によってまちまちですが、限度額は多い所で1億円近くまで、かなりまとまった金額の借り入れもできます。

 

返済をするにあたって、金利が気になる事業者も多いでしょう。信用金庫の金利ですが、10%未満の金利で融資している所も結構多いです。

 

消費者金融で事業者ローンを展開している所もありますが、金利で比較すると信用金庫の方が金利は低めに設定されている傾向が見られます。

 

事業者ローンの場合、高額融資も多いので少しでも金利の低い所で借り入れした方が後々の返済の負担もかなり軽減できるでしょう。

関連ページ

目的型事業者ローン
目的型事業者ローンについて詳しく紹介します。
金利優遇
金利優遇を行っている事業者ローンはあるのか?
審査
事業者ローンの審査について詳しく紹介します。
即日借りれる?
事業者ローンは即日借りれるのか調べてみました。
赤字でも借りれる?
事業者ローンは赤字でも借りる事が出来るのか?
銀行の事業者ローン
銀行の事業者ローンのメリット・デメリットについて調べてみました。
事業者だってお金を借りたい
事業者ローンについて詳しく紹介します。
急な資金が必要になった時
急な資金が必要になった時はどうしたらいいのか教えます。
利便性の高い事業者ローン
今の事業者ローンは利便性が高く、とても便利に利用することが出来ます。
事業者なら誰でも借りられるのか?
事業者ローンは事業者なら誰でも借りられるのか、調べてみました。
いくらまで借りられるのか?
事業者ローンはいくらまで借りられる事が出来るのか。
事業者ローンは事業主の味方
事業者ローンは大変便利で、事業主の味方になります。