事業者ローンに限らず、借り入れを行う際に最も重要な位置を占める審査。それは今まではどんなに早くとも30分かかっていました。それが半分の時間でも良いので短縮できたら、もっと多くの事業者への1日あたりの貸付ができると思うのです。

 

そうすれば、もっと多くの事業者が銀行な消費者金融へと足を運ぶと思います。スピードアップのカギは、審査システムの高性能化にあると思います。

 

あなたが入力したデータが即座に審査システムに反映されて、いろいろなことが同時進行で進み、わずか5分足らずでシステム上の審査は終了、あとは中身を人間がチェックして融資決定となるのです。

 

この間わずか15分足らずで完了してしまうのです。もし出来たらどんなにいいか。ますます借りやすくなりますよね。

 

この審査システムのスピードアップ化、そしていろいろな消費者金融や銀行への導入が検討され、実施されたら多くの事業者にとってありがたい話だと思いませんか?

 

急に大口のお金が必要になった事業主、でもスピードに定評のある銀行へ融資申し込みに行って事なきを得た、なんていったらその銀行の信頼度も上がりますし、借り入れ申し込みに来る事業主ももっと増えると思うのです。

 

そうしたら金融界も活気を増しますね。口コミであの銀行はいいよという噂が広がれば、それだけその銀行に申し込む人も増えるでしょうし、あの消費者金融は審査スピードに定評があると噂が広まれば、利用する事業主も増えると思います。

 

事業主ローンのカギを握っているのは、審査のスピードである、と断言したいと思います。

関連ページ

もっと門戸を開放していけば…
もっと門戸を開放していけば、さらに利用しやすくなるはずです。
事業者ローン専門会社の登場も?
これからの事業者ローンは、事業者ローン専門会社の登場もあるかもしれないですね。
返済方法も事業に合わせて出来るようになれば
返済方法も事業に合わせて出来るようになればいいですよね。
主流は銀行から消費者金融系へ
これからの事業者ローンの主流は銀行から消費者金融系へ変わっていくでしょう。
事業者ローンはここまで変わる
これからの事業者ローンはここまで変わるでしょう。