これからは…

最後になりましたが、事業者ローンは一体これからどうなっていくのでしょうか?

 

まずは何度も挙げていますが、返済方法の自由度が増すことによる借り入れ希望者の増加だと思います。借り入れ希望者が増えると、その貸主である銀行も消費者金融も活性化します。

 

さらに審査スピードのアップで、その日中には融資金を渡すことができるようになるのです。これなら忙しい事業主さんがちょっと用事ついでに借り入れ申し込みをして、なんてことも可能になってしまうのです。

 

先ほども挙げましたが審査スピードのアップのカギは、画期的な審査システムの導入だと思うのです。そこが今までネックで借りるのを躊躇っていた人も多いはずです。

 

でもそれがすう受粉で終わるなら、借主である事業者も足を運びやすくなるでしょう。早くそういう時代になって欲しいと思います。

 

それと、事業主自体にまだこの事業者ローンは浸透していないと思うのです。だから借り手が少ないのではないでしょうか?

 

もっと宣伝するなどして事業者向けローンはこんなところがすばらしいですよ、とかアピールしていけば、興味を持つ事業者もどんどん増えると思うのです。

 

そうなれば、融資希望の事業主も自然と増えると思いますし、貸主の活性化もますます進むと思うのです。早くそういう時代が来て欲しい、そう思うのです。

 

事業者ローンはまだ始まったばかりの新しい形のローンです。これからみんなで育てていく大事な商品です。ぜひ大きな花を咲かせようじゃありませんか。

関連ページ

もっと門戸を開放していけば…
もっと門戸を開放していけば、さらに利用しやすくなるはずです。
事業者ローン専門会社の登場も?
これからの事業者ローンは、事業者ローン専門会社の登場もあるかもしれないですね。
スピード審査ですばやく資金を借りれるようになれば
スピード審査ですばやく資金を借りれるようになれば、今以上に利用が便利になります。
返済方法も事業に合わせて出来るようになれば
返済方法も事業に合わせて出来るようになればいいですよね。
主流は銀行から消費者金融系へ
これからの事業者ローンの主流は銀行から消費者金融系へ変わっていくでしょう。