これからの事業者ローンについて記事一覧

では事業者ローンのこれからについてみていきましょう。たとえばあなたが社会的地位も低い若年層だったとします。そんなあなたに大口のお金が借り入れることができるでしょうか?まずどこにいっても門前払いを食らうのは目に見えてわかりますね。それが門戸を広げて若年層歓迎、もしくは若年層用事業者ローンが生まれれば、多くの人が借り入れできるようになり、事業者にとってもプラス、貸主にとってもプラスになると思うのです。...

受け手である事業者ローンにも専門の会社がこれから先できると思います。大口融資がメインで、すでに事業を始めている人にもこれから始めようとしている人にも広く貸付を行ってくれる、そんな会社が出来たらどんなに良いでしょうか?年齢層に関係なくすばやく融資をしてくれる、そんな会社ができたら借り入れを希望する方も多く増えると思います。もちろん事業者ローン専門ですから金利も低いものとなっており、何より都度返済がメ...

事業者ローンに限らず、借り入れを行う際に最も重要な位置を占める審査。それは今まではどんなに早くとも30分かかっていました。それが半分の時間でも良いので短縮できたら、もっと多くの事業者への1日あたりの貸付ができると思うのです。そうすれば、もっと多くの事業者が銀行な消費者金融へと足を運ぶと思います。スピードアップのカギは、審査システムの高性能化にあると思います。あなたが入力したデータが即座に審査システ...

もし借り入れ後の返済が自由度を増したらどう思いますか?事業が成功しているときに一気に返して、あまり思うようにいかないときは返済額を少なくできる、そんな返済方法ができたらどんなにいいでしょうか。きっと借りる事業主も一気に増えるのではないでしょか?でもこれもきっと景気の動向でできる業だと思います。景気があまりよくないのにこんな制度を取り入れてしまったらよくないのは目に見えてわかります。景気回復をも担っ...

事業者ローンは、今は銀行主体のものですが、今後は消費者金融系へとシフトチェンジしていくのではないでしょうか。果たしてそれはなぜか?銀行ですといくら総量規制の対象外とはいえ、返済方法にも自由はないですし(毎月引き落としが来る)、都度返済もできないのです。その点消費者金融ならば、都度返済もできますしおまけに返済はスライド式リボルビング払いで一定額の支払いで済む。しかも総量規制対象にはならないという三拍...

最後になりましたが、事業者ローンは一体これからどうなっていくのでしょうか?まずは何度も挙げていますが、返済方法の自由度が増すことによる借り入れ希望者の増加だと思います。借り入れ希望者が増えると、その貸主である銀行も消費者金融も活性化します。さらに審査スピードのアップで、その日中には融資金を渡すことができるようになるのです。これなら忙しい事業主さんがちょっと用事ついでに借り入れ申し込みをして、なんて...